新検索エンジン“1Noon”ベータサービス開始

アバター、ゲームポータルサービスで有名なネオウィズから検索部門だけ分社して立ち上げた1Noon(チョッヌン、初雪)が遂にベータサービスを開始した。
a0000535_172393.gif

検索ポータル同士の激戦が繰り広げている中、真の検索サービスを前面に出した1Noonが1年間の準備期間を経て16日ベータサービスを始めた。
a0000535_1772963.jpg

チョッヌンは特許出願中であるスノーランク(SnowRank:重複している情報は価値があるという考えから発展したアルゴリズム)で、検索結果は30余あまりの主題で情報を取りまとめているようだが、実際はキーワード別に1万余あまりの情報を含めているそうだ。
チョッヌンは現在4万個の掲示板と180万のブログを検索している。
検索結果の画面は総合、ニュース、ブログ、掲示板に分けている。

ネイバーの独占状態、エムパスの開いた検索サービス、グーグルの韓国進出などその激しさを増している検索市場に新しく参戦したチョッヌンはどのような戦いぶりを見せてくれるか、ユーザーの期待は高い。

Public search engines using Nutch
[PR]

  by anyontv | 2005-07-19 17:35 | 韓国IT話

<< ヨン様!ソナタに乗る グーグル、まもなく韓国に上陸? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE