韓国コンテンツ産業を担うオンラインゲーム!

韓国のゲーム産業が高い成長を続けている。

2003年を基準としたデータを見るとゲーム市場(3兆9387億ウォン)は映画市場(1兆4561億ウォン)と音楽市場(3683億ウォン)に比べると両市場を合わせたものより2倍以上大きい。

1990年代末頃には数千億ウォンに過ぎなかったゲーム市場は2000年以後、毎年10%以上の成長し続け、2004年は2003年より15%成長した4兆5千億ウォンに達すると推定されている。

a0000535_17582728.jpg


ゲーム市場成長の柱はオンラインゲームとモバイルゲームで、実際オンラインゲーム“リネージュ”で有名なエンシソフトは昨年の不景気の中でも売り上げ、純利益とも48%、145%増加した2468億ウォン、777億ウォンを記録した。

ゲームの輸出も活発に行われ、2002年度は8000ドルに過ぎなかったが、今年は2億ドルに達する勢いである。

今後の問題は韓国、国内市場が飽和状況にあり、海外の市場においては未だオンラインゲームがそれ程活性化されている国が少ない点である。

個人的にはゲームはあまりやらないが、韓国のゲームが海外に進出始める頃に、そちらのビジネスにかかわった経験がある私としては今後の日本市場で、何処まで韓国のオンラインゲームが頑張るかは興味津々である。
[PR]

  by anyontv | 2005-02-22 18:00 | 韓国IT話

<< グーグルでソナタと韓国!二つの... Open Source Des... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE