SEOが存在しなし韓国?

日本で出会ったナッチ(モーニング娘のナッチチャンではない)と付き合いながら検索関連ビジネス(SEO、SEM)にも興味を持っている私であるが、インターネット先進国と言われている韓国には当たり前にSEO、SEMのビジネスが活発に行われていると思い込んでいた。

a0000535_1827773.jpg


しかし現実を調べると全然予想外れで、なかなかSEO専門の会社が見当たらないのが今の韓国の現状であり、その代わり検索エンジン登録代行社は大勢あるそうだ。

それは韓国の検索関連市場を見れば分かることでユーザから絶対的な支持を得て、50%以上の市場を制しているネイバーに登録するにはお金を払わなければ検索の結果に引っかからないようになっており、いくらSEOを徹底的に行うとしても費用を掛けて登録しない限り、
ネイバーにはその存在は認めてもらえないのである。

それによって検索ポータルは莫大な利益を得ており、その代わりホームページを持っている企業であれば、せっかく作ったのでやむ得ず登録費を払うのである。

今回グーグルが韓国に本格的に参入するという噂も流れているので、ユーザが求める検索結果を出してくれる環境に変わって欲しいのが本心である。

ネイバーはサムスンの社内ベンチャーとして出発した経緯もあり、検索一筋で外国の大手ポータルを勝ち抜いて、知識検索など新しい検索をいち早く取り入れている韓国で一番愛されている検索ポータルとして今の地位を築き上げたのである。

ネイバーが韓国、日本、中国に進出するにおいてハンゲームだけではなく検索ポータルとしての結果を残せるにはもっとインターネット的は自由な発想が求められるんではないかと思う。


ナッチ
[PR]

  by anyontv | 2004-10-08 18:38 | 韓国IT話

<< SEOブログ 決定版!稼げる人気サイトの作り... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE